トピック

事業レポート

親子でかにぱん教室が開催されました。

開催日時: 平成31年6月27日 ~ 平成31年6月27日   10:30 ~ 11:30

開催場所: 天竜保健福祉センター

三立製菓の望月沙枝子様(かにぱんお姉さん)をお招きし、「親子でかにぱん教室」を開催しました。かにぱん教室では、歌を歌いながらいろいろな形にパンを変身させながら食べたり、紙芝居で楽しくかにぱんについて学びました。
 参加された多くの方が、「楽しかった」と話してくれました。


主催者情報

担当者名天竜地区センター 玉澤
TEL・MAILTEL:053-926-0322

公開日:2019.07.10

つまみ細工教室 

開催日時: 平成31年7月8日 ~ 平成31年7月8日   13:00 ~ 15:00

開催場所: 天竜保健福祉センター内やまゆりルーム

 つゆつき認定講師の権田道栄様を講師にお招きし、「第1回つまみ細工教室」(全6回)を開催しました。各々が好きな色の布とビーズを選び、お花の作品を2つ作りました。参加者からは「初めてやったけどすごく面白い。」「可愛いから帽子につけたい。」などの声があり、楽しんで行うことが出来ました。
参加者14名


  • 花びらを作っている様子

主催者情報

担当者名浜松市社会福祉協議会 天竜地区センター 青木
TEL・MAILTEL:053-926-0322

公開日:2019.07.10

【西区】篠原小学校へ福祉体験に出向きました

開催日時: 平成31年6月20日 ~ 平成31年6月21日  

篠原小学校4年生 117名を対象とした福祉体験学習を行いました。

篠原小学校では総合学習の取り組みとして「ユニバーサルデザインの学習」や
「障がいのある方」「高齢者への理解」を学んでいます。

今回の学習では「障がいのある方」の学びとして、車椅子とアイマスクを使用して
体験しました。
「車椅子体験」では移動が困難な箇所を児童が協力して移動する方法等を通して、
普段何気なく生活している場所でどんな障壁があるのか、沢山の気づきがありました。

「視覚障がいのある方への理解」では、視覚障害について学ぶことから始め、
理解したうえで視覚障がいのある方への支援方法の1つである「文字盤」を使用した
支援方法を体験しました。

体験を通じて、「心のバリアフリー」や「相手を理解し自分のできることを考えて
行動する」ことを学ぶ機会となりました。



主催者情報

担当者名西地区センター
TEL・MAILTEL:053-596-1730

公開日:2019.07.02

西鹿島シニアクラブの自立体力診断を実施しました。

開催日時: 平成31年6月19日 ~ 平成31年6月19日   13:30 ~ 15:00

開催場所: 天竜児童館

西鹿島シニアクラブの自立体力診断を実施しました。
自立体力診断は歩行・身体調整・手作業・姿勢変換の4つの動きをチェックします。参加者からは「楽しくできた。」などの声があり、無理せず楽しみながら行うことができました。

参加者:10名


  • トレーニングチューブを使用した身体調整

  • ペグボードを使用した手作業

主催者情報

担当者名浜松市社会福祉協議会 天竜地区センター 青木
TEL・MAILTEL:053-926-0322

公開日:2019.06.27

『学校・地域の連携を考える福祉教育連絡会』を開催しました

開催日時: 平成31年6月17日 ~ 平成31年6月17日   13:30 ~ 16:00

開催場所: みをつくし文化センター 研修室

 地域における福祉教育を推進することを目的に開催し、北区内の小中高等学校の福祉教育担当者と地域で福祉活動を実践されている地区社会福祉協議会・自治会関係者31名が参加されました。ユマニテク短期大学の田村禎章氏より「子供民生委員活動から学ぶ地域福祉」と題してお話をいただき、講演後は地域ごとのグループに分かれて情報交換を行いました。日頃の活動の取り組みや、今後の取り組みへの可能性など活発な意見が交わされ、学校と地域の連携を深める良い機会となりました。


  • 講演会の様子

主催者情報

主催者名浜松市社会福祉協議会 北地区センター
担当者名浜松市社会福祉協議会北地区センター 山本
TEL・MAILTEL:053-527-2941/MAIL:csw-kita@royal.ocn.ne.jp
主催URLcsw-kita@royal.ocn.ne.jp

公開日:2019.06.19

【西区】神久呂小学校にて福祉体験学習をおこないました

 神久呂小学校4年生 113名が、総合学習の時間を利用して、障がいのある方や高齢者への理解を深めることを目的に、車椅子体験と高齢者疑似体験の学習を実施しました。
 
 神久呂小学校では同地区にある「神久呂の園」との交流を通して、高齢者への思いやりの心を育む取り組みを行っており、その一環として体験学習を通し、高齢者との関わり方について真剣に学び取る様子が伺えました。




  • 高齢者疑似体験の様子

  • 車椅子体験の様子

主催者情報

担当者名西地区センター
TEL・MAILTEL:053-596-1730

公開日:2019.06.19

【西区】舞阪小学校にて視覚障がいのある人への理解を深める講座をおこないました

開催日時: 平成31年5月31日 ~ 平成32年5月30日  

 舞阪小学校4年生を対象に「視覚障がい」への理解や、支援方法について理解を深める講座をおこないました。普段の学校生活の中で障がいの有無による生活の変化と、視覚障がいのある人への支援方法や声掛け方法について学びました。
 障がいに対する誤解を無くし、個人を正しく理解すること。「心のバリアフリー」について考える機会となりました。

 舞阪小学校では総合学習の取り組みとして、今後は車椅子や聴覚障がいについての学習を計画しているとの事です。福祉への理解を通して更に「誰もが暮らしやすい町」になる事を期待します。



主催者情報

担当者名西地区センター
TEL・MAILTEL:053-596-1730

公開日:2019.06.05

【浜北区】エンゼルほんざ愛が開催されました。

開催日時: 平成31年5月23日 ~ 平成31年5月23日   10:00 ~ 11:30

開催場所: 本沢合公民館

浜北区本沢合いきいきサロン「エンゼルほんざ愛」を訪問しました。84歳以上の方を対象に年3回開催されており、今回も自治会役員や民生委員含め約30名の方が参加しました。7月には「お茶の間サロン」として75歳以上の方が対象のサロンが開催されます。
体操等の体を動かすプログラムや歌に合わせて身体をほぐした後は、チーム戦のレクリエーション。「負けられない!」と練習を念入りに行ったり作戦を考えたりと、各チーム盛り上がっていました。参加者は「家の人に送ってもらって参加している。毎回異なる内容で楽しみにしている。」「同級生もいるからちょっと同窓会みたい」とレクリエーション後のお食事とお話も楽しまれていました。


  • レクリエーション中

  • 楽しい楽しい食事タイム

主催者情報

主催者名エンゼルほんざ愛
担当者名浜北地区センター:柴田
TEL・MAILTEL:053-586-4499

公開日:2019.05.29

双愛会(赤佐5区)のサロン活動を見学しました。

開催日時: 平成31年5月16日 ~ 平成31年5月16日   10:00 ~ 14:30

開催場所: 赤佐5区公民館

赤佐5区で行われているサロン「双愛会」の活動を見学しました。約半世紀(50年)活動しているサロンですが、今回総勢22人が集まりました。午前中は、おしゃべりが中心でお昼まで過ごし、午後からは4チームに分かれてペタボードを行いました。参加者の方は、「球を押し出す力加減が難しい」や「思うところに行ってくれない」など言いながら楽しんでました。また、同じチームの人が点を取ると大きな歓声が上がり、盛り上がっていました。



主催者情報

担当者名浜北地区センター (武田)
TEL・MAILTEL:053-586-4499

公開日:2019.05.28

第1回 浜松市災害バイクボランティア定例会 活動報告

開催日時: 平成31年5月12日 ~ 平成31年5月12日   10:00 ~ 15:00

開催場所: 天竜保健福祉センター、渋川親水公園

 浜松市社会福祉協議会では、私たちの地域も含め大災害が起こった際に、機動的なバイクを活かした支援活動を行う団体「浜松市災害バイクボランティア」への活動支援を行っています。
 今回は、5月12日に実施された第1回定例会の様子を紹介します。
                       (資料をご覧ください)

*浜松市災害バイクボランティアでは、常時会員を募集しています。
 お問い合わせ等は天竜地区センターまでお願いいたします。
   電話: 926-0322  ファックス: 926-0323
   Eメール: csw-tenryu@gaea.ocn.ne.jp


  • 総会の様子です

  • メンバーの方のドローンで撮影しました
第一回活動報告.docx.pdf 資料
災害BV募集チラシ2.pdf 資料

主催者情報

担当者名天竜地区センター 玉澤
TEL・MAILTEL:053-926-0322

公開日:2019.05.24

このページの上部へ戻る